Fuckを学ぶ前に…

Fuckはアメリカの映画やテレビ番組で耳にすることがとても多い単語です。基本的にこの単語はあなたが怒っている、いらいらしている、困った状況にあるときに使います。最近では、マスコミなどのメディアでもこの単語を聞く機会が非常に多いと思いますが、下品な表現なので使用できない状況(例えば両親や会社の上司などの前で)がたくさんあることを覚えておいて下さい。Fuckと言う言葉自体を言うのを避けたければ”F-word“と呼べば問題ないです。
 

Fuckの代わりにFudge,Feck,Flipなどを使う人もいます。(これらは汚い表現ではありません).

マドンナは1994年、David Letterman's Late Showと言うアメリカのトーク番組のインタビューで13回Fuckと言い歴史を作りました。そしてそれがアメリカのテレビネットワークのトーク番組の歴史の中で最も多く編集(ピーと言う音が入れられた回数が今までで最高)されたエピソードとなりました。今はその頃とは随分変わってきて、ドラマSex and the Cityのサマンサの口からは幾度となく“Fuck”が出てきています。

それでもFuckの使い方には十分気を付けて下さいね。この単語は人を傷付けたり、不快感を与えたりする場合もあります。普段からこの単語を使いすぎるとこの単語が持っている力や強さが弱まるので本気で使いたいときだけお使い下さい。