ネイティブ ストリート スラング ビデオ: Stop All This Marlarkey

"ネイティブ・ストリート・スラング"と題して私が作成したビデオを今日は紹介したいと思います。下のビデオは私の友達であるMalcolmが彼のお気に入りの言葉"malarkey"について説明しています。これは日本語では、ばかげた、たわ話、無意味、ナンセンスといった意味で、昔良く使われていた、今ではちょっと古臭く聞こえる言葉です。また「もー時間の無駄!」という感情を表したい時にも使用できます。例: "Stop all this malarkey." 「でたらめな事ばっかり止めて!!(時間の無駄よ)」

ナンセンスな情報という意味でも使用できます。例:"I decided it was a bunch of malarkey and stopped reading about halfway through." 「でたらめな情報だと思って半分読んでそこで止めたわ。」

 

Malcolmのお気に入りスラング: malarkey


My name is Malcolm.  I am a Kiwi, I'm from New Zealand.  And I like the word malarkey.  It's very polite but it's a nice word, when people are faffing around not doing anything,  just being really inefficient:

There's a lot of malarkey going on.

I work as a wilderness guide and my clients quite often when they are getting ready for a trip, they just don't know what to do, they dither, they dither, and they flip flop and I tell them:

"Hey, there is a lot of malarkey going on, let's get a move on and get off into the hills."

 

日本語訳

Malcolmです。私はニュージランド出身のニュージランド人です。そして、僕の好きな言葉は"malarkey"です。この言葉は何もしないで時間の無駄使いをしている、もたもたして効率が悪い人達に対してあまり悪い印象を与えず丁寧に注意する時にとても便利です。

私は自然公園のガイドをしているのですが、ツアーに出る直前なのにもかかわらず、だらだら準備もしないでいるお客さんが結構多いんです。そこで私が、

「ちょっと!時間の無駄ですよ!もう行きますよ。この坂を登りましょう。」って言うんです。

 

ボキャブラリー

Kiwi: ニュージーランド人

to faff around: 時間の無駄使いをする アーバン辞書にも説明が載っています

to dither and dather: 何かをするのに自分の決断をすぐに決められない

to flip-flop: 考えを変える(ニュージランドのスラング)

to get a move on: 急ぐ