ネイティブ ストリート スラング ビデオ: What's Up?

今回で3回目となるネイティブ ストリート スラング ビデオの新作を今日は紹介したいと思います。このシリーズでは英語を母国語として話すネイティブスピーカーが個々のお気に入りのスラングとその意味をビデオの中で説明してくれるといったものです。

 

第3回目のスラングビデオは、Sam (11才) とAriana (9才)のお気に入りのスラング"What's up?"の紹介です。"What's up? "は "How are you?"の代わりに使えるフレーズですが、もう少しカジュアルな響きで、"What has been happening in your life?""What's new?"(最近どうよ、何か(新しいこと)あった?)といった意味です。

 

ネイティブスピーカーは、この"What's up?"を非常に良く使います。例えば、ルームメイトやクラスメイトと家や学校の廊下ですれちがった時などに、"What's up?"(この場合は「おう!」といった感じで軽い挨拶です。)と言ったり、友達に「何か相談したいことがあるの…」と呼び出されて"What's up?"(どうしたの?)と言えたりと、"What's up?"は、海外で暮らしていると一日に何回も耳にするスラングなのです。

びっくり日本人が良くする間違いで、気を付けなければいけない点が、この質問への答え方です

"How are you?"と似ている意味だからといって"I'm fine."などと答えるのは間違いです。"What's up?"は、「元気?/調子はどう?」というニュアンスより「何か新しいことあった?」と言う意味が強いので下のように答えてみてください.スラングなので目上の人やあまり親しくない人には使わないように注意しましょう!!

  • "Not much." 、 "Nothing much." 「う~ん。特に何にもないよ。」
  • "The usual." 「特に何もなく、いつも通りだね。」
  • "Just working." や "Just studying."「ただ働いてる(勉強してる)。」など 最近何をしているかを答える。

"What's up?" 同じ質問を聞き返す。廊下などで友達とすれちがった時などは「おう!」と言った軽いニュアンスなので、A:「What's up?」B:「What's up?」と同じ質問を反復してそれだけで終わる場合もあります。

 

Ariana:             Hi I'm Ariana.
Sam:                 And I'm Sam!
Ariana:             Our favorite slang is
Ariana & Sam: What's up?
Sam:                 You use it anytime you see someone you know.
                         What's up *sis?
Ariana:             Nothing much *bro.
Sam:                 Yeah!

 

アリアナ:              こんにちは。アリアナです。

サム:                     そして、サムです!

アリアナ:              私たちのお気に入りのスラングは、

アリアナ&サム:    "What's up?"で~す。

サム:                       このスラングは知り合いの人と出会った時にいつでも使えます。やあ、最近どう?

アリアナ:                特に何もないわ。

サム:                       イエーイ!

*Sis: sister 妹、仲の良い女友達を呼ぶ時にも使えます。
*Bro: brother 弟、仲の良い男友達を呼ぶ時にも使えます。

英語には"Hi, how are you?"「やあ元気?」の他にも様々な挨拶の方法があります。来週のポストで紹介しますね。

Sarah HorthLoveSlang